www.bartosterriers.pw

-

-

(全損)とは名称が示すとおり全部が故障した状況で、言い換えれば走ることが出来ないというような車としての機能を果たさなくなった状態で用いられますが保険における「全損」は多少なりとも違う意味があったりします。自動車保険の場合では乗用車が壊れた場合では『全損と分損』などと2種類に区別され、〈分損〉は修復のお金が補償金内でおさまる場面を表現し反対に〈全損〉とは修復費が保険額より高くなる状態を言います。自動車の修理で全損という状況では車の心臓となるエンジンに決定的な損害があったり、乗用車の骨組みがいびつになっていて修復が不可能な場合、リサイクルか廃棄となるのが通常です。ですが、自動車事故が起きて修理業者や自動車の保険屋さんがその修復のお金を見積もりした時に、いくら見た感じがしっかりとして修復ができる場合でも修復の費用が保険金よりも高くては何を目的として自動車保険に加盟しているのか分からなくなりそうです。そのようなときには【全損】として乗用車の所有権を保険会社へ譲って補償額を頂くことになっています。当たり前の事ながら長年乗ったマイカーで愛着があり、自費で修理して乗り続けたいという人間はかなりいらっしゃいますからケースによって車の保険の会社と話し合ってみるといいと思います。さらに、車の保険ではこういったケースが想定され車両全損時諸費用補償特約等【全損】時のための特約がある状況が多々あり万が一愛車が《全損》なった時でも新規購入等お金を一定分補償してくれる時も存在したりします。そして盗難時保険の特約をつけていると被害にあった車がなくなった場面でも《全損》と扱われ補償される決まりになっているようです。

Copyright © 2000 www.bartosterriers.pw All Rights Reserved.